ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て健康課 > 手足口病に注意しましょう

手足口病に注意しましょう

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月29日更新

手足口病に注意しましょう

手足口病は、主にエンテロウイルスによる夏風邪の一つです。その名のとおり、手や足、(口の中、唇)に小さな水泡ができる病気です。主に子どもの病気ですが、特に乳児では経口摂取できなくなった結果、脱水症に陥ることや、ときに髄膜炎を引き起こし、稀ですが、脳炎や新生児での心筋炎など重症化することもあります。複数のウィルスの方のため何度もかかることがあり、また、抗菌薬は効きません。予防のために、感染者との濃厚な接触をさけ、手洗い・うがいを徹底しましょう。
手足口病とは(神奈川県ホームページより)
○手足口病とは
・手足口病とは、手足や口の中などに水泡性(水ぶくれ)発疹ができるウィルス性の感染症です。
・4歳くらいまでの乳幼児を中心に、夏季に流行が見られる疾患です。

○主な症状
・手足口病に感染すると、3~5日後に、口の中や手のひら、足の裏などに2~3mmの水ぶくれができます。数日間のうちに治る病気であり、ほとんどの場合、特別な治療は必要ありません。
・しかし、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が生じることもありますので、頭痛や嘔吐、高熱のほか、2日以上の発熱が続く場合は、早くに医療機関を受診しましょう。

○感染経路
飛沫感染・・・せきやくしゃみにおる感染
接触感染・・・水ぶくれに触れることによる感染
経口感染・・・便の中のウィルスが口の中に入ることによる感染

○予防方法
流水と石鹸で、こまめに手洗いをしましょう。
おむつを交換するときは、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしましょう。
タオルの共有はやめましょう。