ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て健康課 > 新型コロナ 全数届出の見直しについて

新型コロナ 全数届出の見直しについて

印刷用ページを表示する更新日:2022年9月26日更新
感染症法施行規則の改正に基づき、令和4年9月26日(月曜)より、新型コロナの発生届の対象が65歳以上の方、入院を要する方などに限定されます。医療機関を受診したが発生届の対象外となった方や、抗原検査キットなどで陽性が判明した場合は、陽性者登録窓口へ登録してください。

発生届の対象者について

患者の発生届の対象を下記の4類型に限定します。

○65歳以上の方

○入院を要する方
診断時点で直ちに入院が必要でない場合であっても、基礎疾患などにより、入院の必要が生じる可能性があると医師が判断した場合も含まれます

○妊娠している方
○重症化リスクがあり、かつ、「新型コロナ治療薬の投与」または「新たに酸素投与」が必要と医師が判断する方

発生届の対象外の方について

陽性者登録窓口の設置

医療機関受診後、発生届が出ない方や抗原定性検査キットなどのチェックで陽性が判明した方は、陽性者登録窓口から陽性者登録をすることで療養支援が受けられます。

登録の方法や登録した方が受けられる療養支援については県のホームページでご確認ください。

療養証明書について

療養証明書は、国からの事務連絡に基づき、届出対象外の方及びセルフテストの方につきましては、発行できません。企業や学校に対しては、欠勤・休暇や欠席に際し、患者に療養証明書の提出を求めないよう、政府からの要請がされています。求められた場合は陽性者登録窓口の受付結果などをご活用ください。

なお、制度適用前の9月25日(日曜)までに療養を開始された方には発行します。

自主療養届出制度は終了しました

そのほかの対応

濃厚接触者について

感染者の同居家族は濃厚接触者とみなされます。外出自粛してください。有症状になり、医療機関で診断された場合は、公費支援の対象となります。

患者の療養解除基準及び外出自粛

療養を終える基準や外出自粛については以下を参考にしてください。

就業制限

引き続き発生届が出ている場合は対象となります。

発熱外来受診について

基礎疾患を有する者や子どもについては、医師の判断で発生届の対象となることが考えられるため、発熱外来(診療・検査医療機関)を受診してください。

お問い合わせ先

神奈川県 健康医療局 医療危機対策本部室
(下記リンク先の下のお問い合わせフォームからお願いします)