ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 住民票・戸籍・証明 > 戸籍 > 戸籍(個人事項証明、一部事項証明など)

戸籍(個人事項証明、一部事項証明など)

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月23日更新

戸籍は本籍を定めている市区町村で編製されています。本籍地のある市区町村に請求してください。
戸籍には、本籍、戸籍に記載されている各人の氏名・出生年月日・その戸籍に記載された事由・父母の氏名・続柄などが記載されています。

証明書の種類

証明書の種類内容1通当たりの手数料
戸籍全部事項証明
戸籍個人事項証明
コンピュータ化された現在の戸籍のことです。450円
平成改製原戸籍平成13年10月13日にコンピュータ化される前の戸籍のことです。
改製(コンピュータ化)より前に除籍(死亡・婚姻・離婚など)された方の記載が必要な場合は、こちらを請求してください。
750円
改製原戸籍謄本
改製原戸籍抄本
昭和32年に改製されるよりも前の、戸(家)単位で作成されていた戸籍です。
戸主、妻、子だけでなく、父母、孫、甥、姪などまで記載される場合もあります。
750円
除籍全部事項証明
除籍個人事項証明
戸籍に載っている全員が、婚姻、死亡、他市区町村への転籍などにより戸籍から除かれたものです。
その戸籍に1人でも残っていると、現在戸籍、平成改製原戸籍、もしくは改製原戸籍となります。
コンピュータ化された現在の除籍のことです。
750円
除籍謄本戸籍に載っている全員が、婚姻、死亡、他市区町村への転籍などにより戸籍から除かれたものです。
その戸籍に1人でも残っていると、現在戸籍、平成改製原戸籍、もしくは改製原戸籍となります。
平成13年10月13日にコンピュータ化される前の除籍のことです。
750円

請求できる人

請求する戸籍に記載された方、記載されている方の直系血族・配偶者
それ以外の方は、原則として請求できません。
ただし、直系血族の方が全員亡くなっている場合など、請求事由によって発行が可能な場合がありますので、町民課にお問い合わせください。

請求方法

本人が請求する場合本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)をお持ちになり、各請求窓口に直接お越しください。
代理人が請求する場合代理人の本人確認書類の提示に加え、本人直筆の委任状が必要です。

請求場所

役場庁舎1階町民課、そうわ会館2階

受付時間

平日8時30分から17時15分まで

注意事項

  • 本籍(大井町○○番地まで必要)と筆頭者の氏名を確認してお越しください。
  • 筆頭者は、戸籍の始めに記載される方です。婚姻をして夫婦で新しい戸籍を作るときに、夫の姓を選ぶと夫が筆頭者に、妻の姓を選ぶと妻が筆頭者になります。筆頭者の方が死亡しても、筆頭者は変わりません。

関連ページ