ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災安全課 > 大井町地域防災計画を策定しています

大井町地域防災計画を策定しています

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月23日更新

 この計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第42条の規定に基づき、大井町防災会議が作成する計画で、大井町の地域に係る災害対策について、災害予防、災害応急対策及び災害復旧に関する対策を定め、町民の生命、身体及び財産を災害から保護するとともに、社会秩序の維持と公共の福祉を確立することを目的とします。

計画の性格

 この計画は、災害対策を推進するための基本となるものであり、国の防災基本計画、防災業務計画、神奈川県の地域防災計画や大井町基本構想など、関連する他の諸計画との整合を図り策定するものです。

計画の構成と内容

第1編 総則

 計画の目的と性格、構成また計画をどのように運営していくかを定めます。

第2編 地震災害対策計画

 突発的に発生する地震に対する計画であり、地震による被害を最小限に抑えるための予防計画、地震が発生したときの応急対策計画、被災後の復旧・復興計画について定めます。

第3編 東海地震に関する事前対策計画

 地震の中で東海地震に関しては予知が可能な場合があるため、東海地震の観測情報、警戒宣言の発令など、特別な対策について定めます。

第4編 風水害対策計画

 風水害については、気象予報技術の発達により、ある程度発生予測が可能であるため、風水害に必要な独自の対策について定めます。

第5編 特殊災害対策計画

 地震、風水害以外の自然災害、突発的な大規模事故などに関する対策を定めます。

大井町地域防災計画

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)