ホームくらし届出・証明戸籍の届出>死亡届(死亡したとき)

死亡届(死亡したとき)

最終更新日:2011年2月28日

届出人
 親族
 同居人
 家主、地主、家屋管理人、土地管理人

届出期間
 死亡の事実を知った日から7日以内

届出地
 死亡者の本籍地、死亡地、届出人の住所地、所在地のうちいずれかの市区町村

必要なもの
 ・死亡診断書
 ・届出人の印鑑

届出場所と時間
 平日 8時30分から17時15分までは、役場庁舎1階町民課
 平日のその他の時間と、土日、祝日、年末年始は、役場庁舎1階宿直室

注意事項

  • 日本人が国外で死亡した場合は、死亡した事実を知った日から3か月以内に、その国の日本大使館か死亡者の本籍地、届出人の住所地、所在地の市町村に届出をしてください。日本の市区町村に提出する際は、死亡証明書(原本)と日本語の訳文(訳者の署名・押印入り)、届出人の印が必要です。現地の日本大使館へ提出する場合は、大使館にお問い合わせください。
  • 外国人が死亡した場合、外国人登録をしている市区町村に外国人登録証明書をお返しください。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
町民課
電話:0465-85-5006 FAX:0465-82-3295 メールでのお問い合わせはこちら