ホームくらし上下水道>融資あっせん制度

融資あっせん制度

最終更新日:2016年11月16日

 排水設備工事費用の一時的負担の軽減を図るため、町内の金融機関から資金の融資が受けられる「融資あっせん」を行っています。

融資あっせん制度を受けることができる方

  1. 資金の償還能力を有すること
  2. 連帯保証人を1人たてられる方
  3. 町税、下水道受益者負担金を滞納していない方
  4. 行う工事が、供用開始の日から、汲み取り便所は3年以内、その他の排水設備にあっては1年以内であること

連帯保証人の資格

  1. 独立の生計を営んでいる方
  2. 町税、下水道受益者負担金を滞納していない方
  3. 保証能力がある方

融資あっせん限度額

 1世帯5万円以上50万円以下で、工事費の範囲内の額。
 ただし、大便器の改造が2個以上ある場合は、2個目から、1個につき10万円を加算します。
 また、排水管の延長が20メートルを超える場合は、超えた分1メートルにつき1万円を加算します。


返済方法

 60か月以内の元金均等償還


利息

 町が負担するため、かかりません。


申込方法

 工事費が確定したら、本人または指定工事店が、町に申し込んでください。町が審査をし、本人に通知します。
 その後、指定の金融機関で本人が直接借り受けてください。


用意する必要な書類

  1. 融資あっせん申請書
  2. 住民票・所得証明書・資産証明書(保証人の住所が町外の場合)
  3. 身分証明書(申請人・保証人の本籍が町外の場合)

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
生活環境課
電話:0465-85-5011 FAX:0465-82-3295 メールでのお問い合わせはこちら