ホーム大井町キッズページ>今日の給食献立

今日の給食献立(きゅうしょくこんだて)

最終更新日:2017年7月19日
7月
曜日 献立名
(こんだてめい)
給食(きゅうしょく) 栄養士(えいようし)さんのひとくちメモ
19 むぎごはん、ぎゅうにゅう、大井町(おおいまち)の夏野菜(なつやさい)カレー、福神漬(ふくじんづ)け、もやしときゅうりのごまサラダ 「かながわ産品学校給食(さんぴんがっこうきゅうしょく)デー」

 今日(きょう)は、かながわ産品学校給食(さんぴんがっこうきゅうしょく)デーです。大井町産(おおいまちさん)の夏野菜(なつやさい)も、使(つか)っています。
 なすは、インドで生(う)まれました。実(み)のほとんどが水分(すいぶん)です。紫色(むらさきいろ)のもと「ナスニン」は、体(からだ)の若(わか)さを保(たも)ってくれるはたらきがあります。
 きゅうりもインド生(う)まれです。しゃきしゃきした歯(は)ごたえがあり、むくみやだるさを解消(かいしょう)してくれます。

18 ちゅうかめん、ぎゅうにゅう、五目(ごもく)つけめん、肉団子(にくだんご)、果物(くだもの)と野菜(やさい)のタルト 「〇〇〇〇」

 わたしはだれでしょう?
・おいしい五目(ごもく)つけ麺(めん)のかくし味(あじ)です
・疲(つか)れをいやす、ビタミンB1が多(おお)く含(ふく)まれています
・特有(とくゆう)の香(かお)りは、食欲(しょくよく)をわかせてくれます
・暑(あつ)さで食欲(しょくよく)がなくなりやすい夏(なつ)には、もってこいの野菜(やさい)です

14 ごはん、ぎゅうにゅう、いわしのかば焼(や)き、キャベツときゅうりの浅漬(あさづ)け、玉(たま)ねぎ入(い)り豚汁(とんじる) 「いわし」

 いわしは、一年(いちねん)を通(とお)してとれますが、6〜10月(がつ)が旬(しゅん)の魚(さかな)です。「いわし百匹(ひゃっぴき)、頭(あたま)の薬(くすり)」といわれます。いわしに多(おお)く含(ふく)まれるDHAが、脳細胞(のうさいぼう)のはたらきをよくし、記憶力(きおくりょく)を高(たか)めてくれるからです。また、いわしの骨(ほね)はやわらかいので、油(あぶら)で揚(あ)げたり、つみれにしたりすると、骨(ほね)ごと食(た)べられ、骨(ほね)や歯(は)を丈夫(じょうぶ)にするカルシウムをとることができます。
 「いわしも七度(ななたび)洗(あら)えば、タイの味(あじ)」ともいわれ、塩焼(しおや)き、つみれ団子(だんご)、揚(あ)げ物(もの)など、いろいろな料理(りょうり)に使(つか)われます。

13 ごはん、ぎゅうにゅう、豚肉(ぶたにく)のしょうが炒(いた)め、みそワンタンスープ、すいか 「すいか」

 日本(にほん)の夏(なつ)の風物詩(ふうぶつし)といえばすいか割(わ)り。すいかのほとんどは水分(すいぶん)で、水分補給(すいぶんほきゅう)とともに、体(からだ)を冷(ひ)やしたり、疲(つか)れをいやしたりします。おいしい時期(じき)は7〜8月(がつ)です。赤(あか)い果肉(かにく)や黄色(きいろ)い果肉(かにく)のすいかがあります。甘(あま)みをおいしく感(かん)じる温度(おんど)は15℃くらいです。冷(ひ)やしすぎないようにしましょう。

12 ごはん、ぎゅうにゅう、さばのみそ煮(に)、ゆかりあえ、冬瓜(とうがん)のスープ 「〇〇〇〇」

 わたしはだれでしょう?
・すいかやメロンのなかまです
・2キログラムくらいから、大きいと20キログラムくらいになります
・煮物(にもの)やみそ汁(しる)、つけ物(もの)などに使(つか)います
・夏(なつ)にできますが、冬(ふゆ)までおいておくことができるので、冬(ふゆ)のウリと書(か)きます
・今日(きょう)のスープに入(はい)っています

11 くろパン、ぎゅうにゅう、かぼちゃひき肉(にく)フライ、春雨(はるさめ)サラダ、大豆入(だいずい)りミネストローネ 「かぼちゃ」

 日本(にほん)に初(はじ)めてかぼちゃがきたのは、450年位前(ねんぐらいまえ)、ポルトガルの船(ふね)が大分県(おおいたけん)に着(つ)いたときのことです。貿易(ぼうえき)を始(はじ)めるときの記念品(きねんひん)として、かぼちゃがおくられたそうです。カンボジアから運(はこ)んできた外国(がいこく)の野菜(やさい)ということで、最初(さいしょ)はなじみがなかったのですが、あるきっかけで、江戸時代(えどじだい)に日本各地(にほんかくち)で作(つく)られるようになりました。あることとは何でしょうか?
@大阪商人(おおさかしょうにん)が売(う)り歩(ある)いた
Aかぼちゃ料理(りょうり)の本(ほん)が売(う)り出(だ)された
B食(た)べ物(もの)がなくなってしまった年(とし)に、かぼちゃを食(た)べておなかをいっぱいにした

10 ごはん、ぎゅうにゅう、マーボー豆腐(どうふ)、塩野菜(しおやさい)スープ、日向夏(ひゅうがなつ)ゼリー 「日向夏(ひゅうがなつ)」

 日向夏(ひゅうがなつ)は、夏(なつ)みかんの一種(いっしゅ)です。江戸時代(えどじだい)の末(すえ)に、日向国(ひゅうがのくに)、今(いま)の宮崎県(みやざきけん)で発見(はっけん)されました。「ニューサマーオレンジ」とも呼(よ)ばれます。皮(かわ)の色(いろ)は黄色(きいろ)く、ゆずの色(いろ)に似(に)ています。果汁(かじゅう)の多(おお)さ、甘(あま)みに加(くわ)え、酸味(さんみ)がほどよく、香(かお)りのよい果物(くだもの)です。

7 ごはん、ぎゅうにゅう、星(ほし)のハンバーグ、星(ほし)のチーズサラダ、コンソメジュリエンヌ、七夕(たなばた)ゼリー 「七夕(たなばた)」

 昔(むかし)、七夕(たなばた)の日(ひ)には、小麦粉(こむぎこ)と米(こめ)の粉(こな)を練(ね)って、縄(なわ)の形(かたち)にねじって油(あぶら)で揚(あ)げた、「索餅(さくべい)」というお菓子(かし)をお供(そな)えし、無病息災(むびょうそくさい)を願(ねが)って食(た)べていました。それがのちに、「そうめん」へと変化(へんか)し、七夕(たなばた)にそうめんを食(た)べるようになったといわれています。
 今日(きょう)のスープの「ジュリエンヌ」とは、フランス語(ご)で「千切(せんぎ)り」という意味(いみ)です。千切(せんぎ)り野菜(やさい)を天(あま)の川(がわ)に見立(みた)ててみました。

6 ごはん、ぎゅうにゅう、塩(しお)からあげ、野菜(やさい)のごまずあえ、玉(たま)ねぎとじゃがいものみそ汁(しる) 「塩(しお)と水分(すいぶん)」

 塩(しお)の中(なか)のナトリウムには、神経(しんけい)から信号(しんごう)を伝達(でんたつ)したり、体液(たいえき)のバランスを調節(ちょうせい)するなど、大切(たいせつ)なはたらきがあります。夏(なつ)、大量(たいりょう)に汗(あせ)をかいた場合(ばあい)は、汗(あせ)とともにナトリウムも流(なが)れ出(で)るので、塩(しお)と水分(すいぶん)をとることが必要(ひつよう)です。食事(しょくじ)の汁物(しるもの)は、塩(しお)と水分(すいぶん)の重要(じゅうよう)な補給源(ほきゅうげん)です。

5 ごはん、ぎゅうにゅう、さわらのカレーじょうゆ焼(や)き、ひじきと大豆(だいず)の炒(い)り煮(に)、具(ぐ)だくさんコーンスープ 「〇〇〇」

 わたしはだれでしょう?
・塩(しお)、麹(こうじ)を混(ま)ぜて作(つく)ると「みそ」になります
・煮(に)て、絞(しぼ)って、にがりで固(かた)めると「とうふ」になります
・成長(せいちょう)して芽(め)が出(で)ると「もやし」に変身(へんしん)します
・今日(きょう)の煮物(にもの)に入(はい)っています

4 せわりコッペパン、ぎゅうにゅう、チリコンカーン、ボイル野菜(やさい)、ウインナーのポトフ、レモンヨーグルト 「ヨーグルト」

 ヨーグルトは、牛乳(ぎゅうにゅう)を乳酸菌(にゅうさんきん)や酵母(こうぼ)で発酵(はっこう)させた食(た)べ物(もの)です。たんぱく質(しつ)やカルシウム、ビタミンなどが、豊富(ほうふ)に含(ふく)まれています。乳酸菌(にゅうさんきん)は、おなかの調子(ちょうし)を整(ととの)え、免疫力(めんえきりょく)を高(たか)める効果(こうか)があります。

3 うめちりごはん、ぎゅうにゅう、タコでたこ焼(や)き、キムチあえ、肉(にく)じゃが 「半夏生(はんげしょう)とたこ」

 夏至(げし)の日(ひ)から11日目(にちめ)を半夏生(はんげしょう)といいます。今年(ことし)の半夏生(はんげしょう)は、7月(がつ)2日(ふつか)です。半夏生(はんげしょう)までに田植(たう)えを終(お)わらせないと、稲(いね)が秋(あき)までに十分(じゅうぶん)育(そだ)たないので、米(こめ)の収穫量(しゅうかくりょう)が半分位(はんぶんぐらい)になってしまうといわれています。つまり、田植(たう)えの最終期限(さいしゅうきげん)が半夏生(はんげしょう)なのです。
 関西地方(かんさいちほう)では、半夏生(はんげしょう)に「たこ」を食(た)べる習慣(しゅうかん)があります。田植(たう)えを終(お)えた農家(のうか)が、神様(かみさま)にたこをささげて、米(こめ)の豊作(ほうさく)をお願(ねが)いしました。稲(いね)の根(ね)が、たこの足(あし)のように四方八方(しほうはっぽう)にしっかりと根付(ねづ)きますように、稲穂(いなほ)が、たこの吸盤(きゅうばん)のようにたくさん実(みの)りますようにと、お祈(いの)りしたことから始(はじ)まったのです。

※ 食材の都合により、献立を変更することがあります。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
学校給食センター
電話:0465-82-2761 FAX:0465-82-9541 メールでのお問い合わせはこちら