ホーム>消費生活情報

消費生活情報

最終更新日:2016年10月18日

「大井町あんしんメール」で配信された消費生活情報です。

配信日 内容
2016年10月14日
13時57分
インターネット回線の契約変更は内容をよく理解してから行いましょう!
【内容】
電話で、インターネット回線と電話をセットで契約すれば安くなると言われ、現在利用している大手回線事業者と思い、申し込みをした。ところが、後から書面を見ると、別会社の代理店との契約であることが分かった。
【アドバイス】
◆契約は慎重に!
契約の相手はどの事業者なのか、契約変更によるメリットだけでなく、デメリットについてもよく確認しましょう。内容がよく分からない場合は、すぐに契約せず、じっくり検討してから契約しましょう。
◆光回線契約は初期契約解除ができます。
平成28年5月21日以降に交わされた、光回線やケーブルテレビによるインターネットサービスの契約は、契約書面の受領日を含め8日以内であれば、契約の解除ができます(一部費用負担あり)。
◆心配な時や困った時は、南足柄市消費生活センター相談窓口(0465-71-0163)まで相談しましょう。
2016年10月3日
7時25分
今月は違法駐車追放強化月間となっています。違法駐車のない町を目指しましょう。
また、大井町において息子をかたった振り込め詐欺の前兆電話が頻繁にかかっておりますので、十分ご注意ください。
不審な電話がありましたら、松田警察署(0465-82-0110)まで連絡してください。
2016年8月19日
10時00分
コンビニ払いを指示する新手の架空請求にご注意!
【内容】
見知らぬ事業者から、電話で「有料サイトの利用料金が未納になっている。今から支払番号を伝えるので、コンビニエンスストアのレジで利用料金を支払うように」と言われた。
【アドバイス】
◆架空請求の新手の手口に注意しましょう!
これまでの架空請求の支払手段としては、クレジットカードや銀行振込のほか、消費者に購入させたプリペイドカードの番号を業者に伝えさせる手口がありました。最近では、消費者に「支払番号」を伝え、コンビニの店頭でその番号を使って料金を支払わせるという「コンビニ払い(コンビニ収納代行)」の仕組みが悪用され始めています。
◆支払番号を伝えられても決して支払わない!
・覚えのない請求や不審だと思う請求があったら、安易に連絡しないようにしましょう。特に事業者から支払番号を伝えられても決して支払わないようにしましょう。
・もしも、支払の後でトラブルに気付いた場合には、早急に支払時の領収書に書かれている事業者へ連絡してみましょう。
◆心配な時や困った時は、南足柄市消費生活センター相談窓口(0465−71−0163)まで相談しましょう。
2016年7月13日
9時41分
地震などに便乗した住宅の修理トラブルにご注意を!
【内容】
熊本地震が発生した後、以前に屋根修理をお願いした業者から「地震があったので、工事から5年以上点検していない家を訪問している」と言われ、屋根の点検をお願いしたところ、「雨漏りの心配があるので修理した方がいい」と勧誘され、不安になってしまい、高額な屋根工事の契約を結んでしまった。
【アドバイス】
◆大きな災害が発生した後は、不安につけこむトラブルが増加します!
地震などの大きな災害が発生すると、人々が災害を強く意識し、不安を覚えるようになるため、それにつけこむトラブルが増加します。

◆契約は慎重に!
住宅の修理などの工事を行う際には、業者の説明を良く聞き、複数の業者から見積もりを取り、周囲に相談するなどして、慎重に判断しましょう。
契約後でも、自宅を訪問されたり、電話で勧誘を受けたりして修理やリフォーム工事の契約をした場合、契約書面を受け取ってから8日間はクーリング・オフができます。

◆心配なときや困ったときは、南足柄市消費生活センター相談窓口(0465−71−0163)に相談しましょう

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
総務安全課・防災安全室
電話:0465-85-5002 FAX:0465-82-9965 メールでのお問い合わせはこちら